ウォーターサーバーを契約する時の注意事項
当たり前の話かもしれませんが、ウォーターサーバーに限らず「契約」をするときには慎重にならなければいけません。

本当に必要なものか、費用は高くないか、解約条件にリスクはないか、などなどいろいろと考える要素が満載なのが期間契約の特徴です。

通常の買い物は1回の契約関係、つまり購入するだけで完結しますが、レンタル契約はそうではありません。契約関係が続く限りお金が出ていきます。

こういった契約を結ぶことは、買い物と違ってなかなかありませんから慣れていないのもあるでしょう。 だからこそ契約をする前の段階で1度客観的に考えてみたほうがよいのです。

新聞の購読とは違い、次の月からスパッと止めるのはなかなか難しいのです

ウォーターサーバーはとりわけ導入時の費用があまりかからないものの、 解約条件によっては大きな費用を支払わなければならないケースもでてきます。

人間不思議なもので、欲しい欲しいと思っている時は解約のことなんてほとんど考えません。
ずっとウォーターサーバーを使うものだとばかり思っているのです。

本人はそのように熱を上げていたとしても、周りの人はそうでない場合があります。
だからこそそういった時にこそ本当に必要なのかどうかを冷静に考える必要があります。

契約してから使い始めてしばらくして、あれ?こんなはずじゃなかったと思うのでは遅いのです。
まず契約条件と解約条件を吟味しましょう。解約手数料がかかる場合はとくに家族や周りの人に相談し、同意を得ておいたほうがよいでしょう。

契約年数によって解約手数料が変わってくる場合もあるので、そのあたりもどれくらいウォーターサーバーを利用しそうかによって考えたほうがいいです。
おためしで使ってみて、気に入らなかったらやめたいと言う方は解約手数料がかからない会社のウォーターサーバーを契約したほうが良いのは言うまでもありません。

ただひとつ注意したいのは、解約手数料は無料だけどサーバーを返却する費用と称して、解約手数料と同じくらいの代金を請求されるケースもありますからそれらの条件も良く見ておきましょう。

サーバーの毎月の維持費、水の代金だけではない費用が、ウォーターサーバーの契約には発生することを忘れずに。

 


























▲ TOPページへ戻る

トップページ運営者情報特定商取引法表記サイトマップ体験談募集ページ