ウォーターサーバーの電気代

使用していて結構あいまいなのが、ウォーターサーバーの電気代についての考え方です。

使っていない時は電源を切っておけば電気代の節約になるのではないかとついつい考えがちですが、これはやめましょう。

ウォーターサーバーは直接飲み水に使用するものですから、清潔さが命。 ウォーターサーバーの電源を落とすことで、サーバーのクリーニング機能がうまく作動せず、カビや雑菌が繁殖する余地を与えてしまいます。

それに、熱いお湯や冷たいお水がすぐに使えるというウォーターサーバーの便利さも半減してしまいます。

電源を切ってはいけないのは1週間でも2週間でも同じです。
旅行などで数週間はウォーターサーバーを使わないことがわかっていても、電源は切らないほうがいいでしょう。

またウォーターサーバーのメーカーにもよりますが、2週間以上水を使わない状態で再び再開するときは、蛇口付近にほこりなどがたまっている可能性もあるため、コップ1杯か2杯分は捨て水を汲みましょう。

1か月以上の長いスパンののち、利用を再開したい場合は一度ウォーターサーバーの販売会社、もしくはボトルを届けてくれている会社にメンテナンスをお願いしたほうが無難です。 いくら管理されているとはいえ、素人が気づかないところにゴミがたまっていたり、カビが生えていたりするケースもなくはありません。

ちなみに停電の時は仕方がないので電気プラグを抜いておきましょう。電気が復旧したらすぐにプラグをさします。
数時間なら水が劣化するケースはほとんどありませんし、電源プラグを入れれば常温に戻ったタンク内の水も、すぐに冷水と温水になります。

ウォーターサーバーにもよりますが、停電の場合、時刻合わせが必要になる可能性もありますので、タイマー設定をしていた場合はその点も気を付けてお使いください。

多くのウォーターサーバーの電気代は1,000円前後です。これを高いと考えるか安いと考えるかは人それぞれですが、お湯をガスや電機ポットで沸かした時のエネルギーコストと比較すると、それほど差はありません。
しかも、ウォーターサーバーが好きな時に瞬時にお湯や冷水を使えることを考えれば、電気代を差し引いても使う価値があるでしょう。

 









▲ TOPページへ戻る

トップページ運営者情報特定商取引法表記サイトマップ体験談募集ページ