老化の原因は水にもある!細胞内の水を入れ替えましょう

人間の体はそのほとんどが水分でできている。毎日飲む飲料水は体内に取り込まれた後に、その水の中に含まれている成分とともに細胞内に蓄積されていく。

私たちが日頃飲んでいる水道水などには消毒や除菌のための残留化学物質が含まれていたり、除去しきれなかった不純物なども含まれており、これらのものが細胞内に蓄積され、新陳代謝によっても排出されない場合、老化促進などに多大なる影響を及ぼす場合があることも考慮しなければならない。

我々は1週間程度食物を摂取しなくても生きていけるが、人によっては水を一日飲まなかっただけで生命の危機に脅かされる人もいる。それほど水というものは人体にとって欠かせないものである反面、毎日摂取することから、自分たちの飲む水の中にどのようなものが含まれているのか、しっかりと把握しておかねばならないだろう。


健康体という言葉を考えた場合、ほとんどの方が「食事の内容」という方に目を向けるのではないだろうか。

野菜を多めにとか、肉は控えて魚を多く食べるとか、基礎栄養素の30品目を考えて食事を作るなどなど、必ずといっていいほどこれらの話が出てくる。

だが重要なのは水なのだ。水は水道水を飲んでいれば生きていけるよ!というような安易な考えを持っている人が多く、
いまだに水にお金をかけるということを敬遠する人がいるのが事実である。

戦前戦後あたりの時期には日本の河川は大変綺麗で、都会に流れる川でさえそのまますくって飲んでも体に何の影響もないほど純粋なものでした。

その後、高度経済成長期に入り、川沿いの多くの工場などから様々な猛毒物質が流されるようになり、急速に汚染されてきました。

まさに現代はこの流れを踏襲してきており、今では川は綺麗になった!と言われていますが、
実は都会の川はそのまま飲めるほど綺麗ではないのです。

これを人間の体に置き換えてみましょう。

体内の各所に食事で取り込んだ栄養素を運ぶのは血管です。
血液の中には赤血球や白血球、ヘモグロビン、その他様々なものが流れていますが、これらを滞りなく流すためには必要が水なのです。

水は血液の中を流れ様々な養分などを体の各部に送り届ける働きをし、
それと同時に細胞から排出された毒素などを体外に排出する仕事もしています。

ですが、先程の河川の例のように血管を川にたとえれば、その血管内を流れる水がドロドロに汚れていた場合、
栄養素を万遍に送り届けることもできません
し、細胞から排出された不要な毒素なども運び出すことができなくなってしまいます。
すると細胞内に毒素が蓄積したり、本来ならキレイなはずの大腸内にも宿便などが溜まってきます。

このようなことを考えていくと、水というのは私たちにとって実に重要なものであり、
それを何も考えずに毎日水道水などをゴクゴク飲むということは体にとってあまり良い事ではありません。

さらに、最近では放射能物質などが混入しているのではないかという不安お持ち方も増えてきており、徐々にではありますが、毎日飲むお水について考を改めている人も増加しています。

本題である老化の原因である細胞内の毒素及び古い水を入れ替えよう!これは、水道使用を飲んでいてはほぼ不可能だと考えます。


























▲ TOPページへ戻る

トップページ運営者情報特定商取引法表記サイトマップ体験談募集ページ