飲み水、生活用水の備蓄は今すぐ始めよ!(災害対策に水宅配ボトルを)

2011年の東日本大震災を受けて、今、飲み水や生活用水の確保のために宅配水を取るなどを備蓄用として多めに注文している人が増えてきている。

特にこの水という問題は、食料と違い、健常の人でも一日摂取しないと大変体に悪影響があると言われている。さらに、季節が真夏の場合などは半日飲まないだけでも熱中症の症状が出てきたりする場合があり、これは生命維持に直結する重大事である。

さて、毎日の生活の中で1人の人間が体内に取り込む水分としてどれだけの量が必要なのかを見て行こうと思う。もちろん小さな子お子さんやご高齢の方、若くて体の大きな方などによって必要摂取量は異なってくるが、ここではその平均値を見てきます。

一日に人間が最低限必要な水分というのは1人当たり約1リットルと言われています。例えば、4人家族の場合には一日に1リットル×4人=4リットル必要だということになります。

平時であれば何の問題も不安もなく水道すもんでいるのですが、いざ災害が発生するとこれら公共のインフラが使用できなくなる可能性が大変増えてきます。また、災害時には、国や自衛隊などによる給水車派遣などが行われますが、いつでも自分の家族が必要とする量の水を得られるわけではありません。


その場合の飲料水備蓄の対策として、長期保存のきくペットボトルの天然水などを確保しているご家庭なども増えてきていますが、これらペットボトルの飲料水は常に自分で用意しておかなくてはならず、さらに賞味期限が設定されていることから、その期日を過ぎて長期保存しておく事できません。災害はいつなんどき発生するかもわかりません!この時期というのは自分で予想することもできません。

長期保存しておいた備蓄用の飲料水を処分したときに災害が発生するなどということも考えられます。その時の最善の策として、2011年の大震災以降、特に需要が増えてきているのがウォーターサーバーなどの水宅配のボトルを毎月多めに注文し、平時の生活用水として使うとともに災害時の備蓄用水分として利用する方々大変増えてきています。

2014年の災害発生に対する飲料水の備蓄などを調査した3,000人への質問の結果、なんといまだに50%の方が災害用の水の備蓄をしていないことが判明しました。また、備蓄していると答えた人の中には、その備蓄用の水が一般市販のペットボトルということでした。

さらに少数意見の中には、入浴した後に毎日浴槽を洗い、その中にたっぷりと水を貯めておくという回答もありました。

でもやはり、災害が発生した時に一番信用できるのは水宅配の業者が毎月届けてくれる水ボトルでしょう。もちろん災害時には交通インフラも遮断され、ボトルの宅配などもこなれなくなると思いますが、あらかじめ毎月届けてもらうボトルの量を多めに設定しておけば備蓄用として強い味方となると思います。

この高いで届けてくれることですが、実は賞味期限も約1年近くあり、市販のペットボトルに比べると半分以上も長い賞味期限となっています。要するに保存が利くということですね。さらに、一本当たり約12リットル〜15リットルほどあり、これ一本あれば家族4人が約4日間暮らせるという計算になります。さらに2本3本と備蓄しておけば、簡易復興までの期間何の心配もなく暮らせるということです。

ウォーターサーバーなどが初めて日本に紹介された10年ほど前には利用者も少なく、ボトル一本当たり約3000円ぐらいする高価なものでしたが、現在では宅配3業者によっては15リットル入りで900円台と格安のお水も販売されています。

災害といえば、東日本大震災の地震などのほか、台風や竜巻、水害や土砂崩れなど、日本国内に住んでいれば、いつ誰が遭遇してもおかしくありません。

その時のためにあなたも飲み水や生活用水の備蓄を今すぐ始めませんか。


























▲ TOPページへ戻る

トップページ運営者情報特定商取引法表記サイトマップ体験談募集ページ